20代に若返る!白髪染めのすすめ

【髪の健康】エッセンシャルオイルとキャリアオイルの違いとは?

髪の健康のために、市販のトリートメントやヘアミストを活用している人が多い中、オーガニックにこだわる人たちの中では、キャリアオイルやエッセンシャルオイルを配合して、「自分で作るヘアケアアイテム」を活用している人が増えているようなのです。

 

ちょっと憧れるこの「手作り派」なのですが、実際につくて見ようと思っても、どうしてよいのか、戸惑う場合もありますよね。

 

そこで今回は、「まずは基本を押さえよう」という事で、手作りヘアケアアイテム作りに欠かせないオイル2種類のオイル「エッセンシャルオイル」と「キャリアオイル」の違いについてご紹介したいと思います。

 

エッセンシャルオイルとキャリアオイルの違いについて

これから手作りのヘアケアアイテムを作りたい、そんな方はまず、2種類のオイルについて知っておきましょう。

 

エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルと聞くとピンとこない人でも、アロマオイルならなじみがある方も多いのではないでしょうか?エッセンシャルオイルとは、このアロマオイルのこと。別名精油とも呼ばれています。

 

その原料は、植物の枝や葉・根や茎・花びら・果実などから抽出された成分で、強い香りを持つ揮発性の油の事なのです。

 

このエッセンシャルオイルの効果は、強い香りだけではなく、精神的・肉体的に作用を持つとされていて、求める効果や目的に合わせて選ぶ必要があるのです。

 

また、原液は直接肌につけずに必ず薄めて使用する・幼児には使ってはいけない・妊娠中には控えるべきエッセンシャルオイルがある事など、使用する上での注意事項も少なくないのです。

 

自然の植物から抽出されたとはいえ、安全に使うための情報を得た上で生活に取り入れましょう。

 

代表的なエッセンシャルオイル

ラベンダー・ペパーミント・ローズウッドなどがあります。

 

キャリアオイル

キャリアオイルは、植物から抽出された液体、あるいは固形の油のこと。

 

その名前の通り、有効成分を「肌に運ぶための役割」を担っているのがこのキャリアオイルなのです。

 

代表的な使い方がアロママッサージオイル。キャリアオイルに適量のエッセンシャルオイルを配合してアロママッサージオイルは作られていますが、エッセンシャルオイルの有効成分はこのキャリアオイルを通して肌内部に届けられるのです。

 

また、このキャリアオイル自体にも、保湿・皮脂分泌量の調整など、有効な成分が含まれています。

 

エッセンシャルオイルとは異なり、基本的には肌に直接つけても安全なのがこのキャリアオイルです。ただし、100種類以上存在するキャリアオイルには、それぞれに含まれる成分が異なりますので、エッセンシャルオイル同様、目的に合った物を選択する必要があるのです。

 

代表的なキャリアオイル

オリーブオイル・ココナッツオイル・つばき油・ホホバオイルなどがあります。

 

注意点

いずれの場合も、純粋な天然成分の物もあれば、添加物が入っている物も存在しますので、成分表などを確認する・信頼できるお店での購入・専門家のアドバイスを受けて購入するなど、購入に際しては注意が必要なのです。

 

また、誰が(誰に)・どんな目的で使用するのかなど、目的意識をしっかりと持った上で購入をしましょう。

 

例えば、保湿目的で購入した物が、実は乾燥させる効果のある物だった、リラックスさせる目的が、気持ちを高ぶらせるものだったなど、目的に合わない物を購入・使用してしまった場合、効果がないだけではなく、逆効果になったり、問題が発生してしまう場合もあるのです。

 

ビギナーにオススメの使い方

ヘアパックとして活用してみましょう

キャリアオイルとエッセンシャルオイルを混ぜ合わせて、オリジナルのヘアパックを作ってみましょう。作り方はカンタン。キャリアオイルに対して、エッセンシャルオイルを2〜3滴配合して、しっかりと混ぜ合わせれば出来上がりです。

 

保存する場合には、遮光ビンに入れ保存します。防腐剤などの添加物は使用していませんので、1か月以内に使い切ってください。

 

この時、キャリアオイル・エッセンシャルオイル共に「どんな髪になりたいか」でその種類を決めましょう。

 

しっとりさせたい場合には、アルガンオイル30mlに対して、ローズオイルを2〜3滴配合します。その割合としては、キャリアオイルに対してエッセンシャルオイルを0.5〜1パーセント未満とします。

 

これを先ず頭皮に揉みこみ、次に髪全体にトリートメントの用量で塗布します。このまま置くか、蒸しタオルで頭全体を巻く、ラップをする等保温できる状態で20〜30分程度待ちます。

 

その後、お風呂でいつも通りのケアで仕上げます。これだけで髪の毛がしっとり仕上がるのです。

 

この方法はキャリアオイルだけでも、充分な効果が期待できるのですが、リラックス効果や、より高い保湿効果を望むのならば、エッセンシャルオイルとブレンドしたものにチャレンジしてみましょう。
肌荒れしない白髪染め比較実験

 

まとめ

エッセンシャルオイルとキャリアオイル、双方の存在で利用価値が高まっているのですね。

 

エッセンシャルオイルは、アロマなどで楽しむ他、肌や髪につけるのならばキャリアオイルが必要。キャリアオイルは、それ自体でも髪やカラダに使って効果を得られるけれども、エッセンシャルオイルがあれば、尚楽しめる上に高い効果が望めるのですね。

 

そして、それぞれに得られる効果は異なりますので、目的に合った物を選ぶ事が大切。ちょっと試してみたいな、そんな気持ちになりました。

髪の毛を健康で美髪に変えたい。そう考えて、シャンプーを変えたりヘッドスパをしたり、毎月サロンでトリートメント。

 

しかし、どんなに頑張っても全然効果を感じない。これ、悲しいですよね。では、いったいなにが原因でそうなっているのでしょうか?

 

もしかすると、それ、食べ物が原因かもしれません。カラダの健康を食べ物が支えているように、髪の毛の健康も食べ物に支えられています。食べ物をちょっと変えてみるだけでも、髪の健康は変わるのです。

 

【食べ物で髪のコンディションを整えるには】

≪髪の主成分はタンパク質なのです≫

髪の主成分は、タンパク質の一種である「ケラチンタンパク質」。なので、髪の健康にはタンパク質は必須。

 

しかし、ダイエット・偏食・食生活の乱れなどが原因で、このタンパク質の摂取が不足してしまった場合、髪の毛に十分な栄養が行き届かなくなり、パサつきや抜け毛、切れ毛などを招く原因となるのです。

 

≪他にも重要な栄養成分が≫

髪の健やかな成長には、タンパク質だけではなく、ビタミン・ミネラルなど、新陳代謝を促す栄養成分も必要なのです。

 

主成分はタンパク質であっても、それらを髪に届けるために必要なのがミネラルとビタミン。これらのすべてがそろってこそ、摂取した栄養素はカラダの中で効果を発揮するのです。

 

ただ、体内の栄養バランスはとても複雑。これらが揃っただけではNGの場合も。それは、その時々の体内に存在している栄養成分とのバランスからの影響があるからなのです。なので、結局のところは「バランスの良い食生活」も必要となるのです。

 

≪髪の毛は後回し≫

しかも、こうして摂取した栄養成分は、カラダの健康を最も優先して体の各器官に運ばれますので、髪と頭皮は後回しになります。ですので、必要最低限の摂取では、髪の毛まで十分に栄養は行きわたりませんので、しっかりと栄養を含んだ食事を摂取する必要があるのです。

 

≪バランスの良い食生活とは?≫

そこでバランスの良い食生活が必要となる訳なのですが、「バランスの良い食生活」では抽象的で分かりにくいですので、具体的な方法をご紹介します。

 

先ずは「三大栄養素」とその役割から。糖質や脂質などの「エネルギーになる食べ物」、タンパク質やミネラルなどの「体をつくる食べ物」、ビタミンやミネラルなどの「体の調子を整える食べ物」の3種類が三大栄養素です。

 

本来ならは、これらを含む食品について、栄養成分表などを見ながら計算して摂取するというのが正確な方法なのですが、これはプロの仕事です。

 

一般の人にとっては難易度が高すぎて不可能だったり、長く続ける事が困難になる方法です。

 

そこでご紹介するのが1日に30品目を食べる方法。食品群を赤・白・黄・緑・黒の5色に分別して、それらのなから30品目をチョイスして食べる方法なのです。

 

≪バランスの良いメニューの基本≫

栄養バランスを取るためには、丼物やラーメンなどの1品物のメニューを選択するよりも、品数の多い定食風のメニューにする、あるいは、カレーなら、野菜をたくさん入れる、トッピングで工夫する、合わせるサラダにたくさんの種類の野菜やナッツ類を取り入れてみる等、品数を増やす工夫をしましょう。

 

これをカンタンに実践できる方法としておススメなのが、一汁三菜の献立。例えば、汁物に5種類の野菜+味噌で6種類の食材を取り入れいる事が可能になります。次にそれ以外の三菜で、足りない食品群を補うように工夫してみましょう。

 

〈赤の食品群〉
牛・豚・鶏などの肉類、赤みの魚など、たんぱく質や脂質が多く含まれる食品の他、トマト・赤パプリカ・人参などのベータカロチンなどを含む栄養価の高い野菜も含まれます。

 

〈白の食品群〉
めん類、パン、お餅などの主食となる食べ物の他、豆腐・牛乳・ジャガイモなども含まれています。

 

エネルギーとなる栄養素が多く含まれているため、全体的にカロリーが高いのが気になるところです。白の食品の摂取量を減らしたいならば夕飯で減らしましょう。

 

〈黄の食品群〉
レモン・グレープフルーツ・みかん等のビタミンCを豊富に含む食べ物の他、味噌・納豆・あげなどの良質のたんぱく質を含む食品など。

 

〈緑の食品群〉
ほうれん草・ブロッコリー・ネギ・キウイなど、ビタミンやミネラルを豊富に含む野菜や果物を含む食品。

 

〈黒の食品群〉
ごま・のりなどのミネラル豊富な食品。

 

≪食事でとれる栄養成分と取れない栄養成分≫

とても豊富な食品群ですが、ビタミンA・B、カルシウムにミネラルなど、食べ物からは摂取できない栄養成分が多数存在しているのです。それらを摂取するためにはサプリメントが有効。

 

髪のコンディションを整える近道として、サプリメントでの摂取も検討してみましょう。

 

【まとめ】

髪の健康のために栄養バランスの良い食事を摂るには、それなりの工夫が必要です。しかし、あまり完璧を求めてしまった場合には、「できない」となってしまいます。を選んでしまいがちです

 

ですので、今よりも少しでも改善すればOKかな?くらいで取り組めば、徐々に改善されるかも。

 

出来る事から始めて、定着させる。またできる事を増やして定着させる。これを繰り返してみましょう。そして、足りない栄養素はサプリメントで補ってみてください。

続きを読む≫ 2017/03/16 15:34:16

艶々の美しい髪、憧れますよね。でも、綺麗な髪を保つのは本当に大変な事。どんなに気を使って生活していても、ちょっと気を抜いただけで髪はダメージを受けてしまいます。

 

そこで今回は、髪と頭皮のダメージに?がる生活習慣についてご紹介したいと思います。

 

これはNG!髪と頭皮ダメージの原因となるNG行動12

睡眠不足

髪と頭皮環境の健康には、睡眠時に分泌される成長ホルモンが大きく係わっています。

 

しかし、睡眠時間が短い事で、成長ホルモンの分泌が低下して、生え変わりの周期・本来生えるべき髪が生えてこなくなるなどのトラブルを招きます。

 

ストレス

ストレスは、カラダの至る部分に悪影響を与えます。それは髪の毛にとっても同じ事。ストレスの蓄積はカラダの免疫力の低下や血行不良を招く原因となります。しかし、生活しているなら、ある程度のストレスを受けるのは仕方のない事です。ストレスと上手に付き合うために、自分に合ったストレス発散方法を身につけましょう。

 

紫外線

肌にも頭皮にも、そして髪の毛にもダメージを与える紫外線。

 

特に黒い髪の毛は太陽の光を集めますので、ダメージは必至。美しい艶のある髪の毛を目指すならば、髪の毛専用のUVスプレーを活用し紫外線からのダメージを回避しましょう。

 

ヘアアイロンの使い方

髪の毛のセットにつかうヘアアイロン。便利ですよね。

 

しかし、この温度設定が高温すぎると、髪の毛は瞬時にダメージを受けます。そんな事にならないためには、ヘアアイロンの温度設定を140℃以下にして使用しましょう。そして、一か所に長く使用しない事。一か所5秒以内にとどめる事を覚えておきましょう。

 

そして、濡れた髪にヘアアイロンを使用するのは絶対にNG。必ず乾いた髪の毛に使用して、ダメージを最低限にとどめましょう。

 

間違ったシャンプー習慣

髪を綺麗にしたい、そんな一心でシャンプーをしていると、ついつい洗いすぎてしまう事も。そうならないためには、洗う前にブラッシング・お湯でしっかりと流す・シャンプーはしっかり泡立ててから、これらを守ります。そして、髪も頭皮も優しく扱いましょう。

 

朝シャンプー

朝の時間に余裕がある人ならばいいのですが、忙しい朝を迎えている人の場合には、どうしても髪の扱いが雑になってしまいがちです。シャンプーはできるだけ夜の間に済ませておきましょう。

 

無理なブラッシング

美しい髪を保つには、ブラッシングは必須です。しかし、その方法を間違えてしまったならば、逆効果になりかねません。無理なブラッシングは禁物。優しく行う事をっ頃崖ましょう。

 

もし、からむ・傷んでいるなど、すでに髪の毛が何らかのダメージを受けている場合には、毛先から解きほぐすように丁寧なブラッシングを心がけましょう。

 

また、濡れた髪へのブラッシングは大きなダメージに?がりますので、絶対に避けましょう。そして、自分の髪質に合ったヘアブラシを選ぶことも大切なのです。

 

セルフカラーリング

セルフカラーリングには、塗布する時間の長さ・塗布する適量・置く時間の判断など、本来プロでしかできない事を全部自分で行う必要があるのです。

 

しかし、これは現実的には不可能に近い事。カラーリングはできる限りプロに任せるか、ダメージの少ない薬剤を利用しましょう。

 

濡れたまま寝る

塗れたままの髪で寝ても、朝起きると髪は乾いています。しかし、その間に髪の毛は摩擦などの大きなダメージにさらされているのです。

 

酷い時には、後頭部付近の髪の毛はほどくこともできない位にからまっている事もあります。こうなってはもう対処が出来なくなり、切るしかない事も。それくらいに濡れた髪の毛で寝るという事は、髪と頭皮への大きなダメージを与えているのです。

 

乾かし過ぎている

塗れた状態の髪の毛もダメージに?がりますが、乾かし過ぎも問題。髪の毛はタンパク質でできていますので、長い時間ドライヤーをあて続ける事で、髪内部のタンパク質が溶けだし、髪の毛は空洞化してスカスカになります。

 

これが髪の毛のパサつきの正体なのです。こうならないためには、乾かし過ぎないで、9割程度の乾き具合を目指しましょう。

 

ドライヤーの使い方が間違っている

実は、ドライヤーをあてるには、もう一つ注意が必要。それはドライヤーをあてる角度なのです。髪の毛の美しさは、髪の表面にあるキューティクルによって決まります。このキューティクルは髪の根元から毛先に向かって「うろこ」のような状態で髪の毛に密着しています。この向きに逆らわないように、頭頂部から毛先に向かってドライヤーを使用しましょう。

 

栄養の偏りとダイエット

髪の毛が健康であるためには、必要な栄養素があるのです。しかし、偏食やダイエットによってそのバランスが崩れると、カラダだけではなく、髪の健康も害されるのです。美髪を望むならば、ダイエットはほどほどに。バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

まとめ

美髪は一日にしてならず、ですね。生活習慣のあらゆるシーンに美髪を阻害する要素が存在しています。

 

それらを知る事で、美髪への近道となるのです。一度に全部は大変ですので、まずは1つ、そしてもう1つ。徐々に身に着けて、ステキな「美髪」を目指しましょう。

続きを読む≫ 2017/03/15 17:58:15

固い髪、柔らかすぎる髪、くせ毛、ストレートすぎる髪。それぞれに悩みは尽きません。それを改善しようと、パーマや縮毛矯正などで半ば強引にチェンジする方法があります。とてもきれいに見えるのですが、実際には髪には強いダメージを与えているのです。

 

あるいは、縮毛矯正でストレートヘアを手に入れたけれど、髪質は硬いままで残念。何とかできない物なのだろうか?と、そんな風に感じた事はありませんか?実はそれ、シャンプーでできるのです。

 

「シャンプーで髪質改善?」そんなことが本当に出来るのか?と、不思議に思いますよね。でも、これが案外効果的な方法なのです。

 

そこで、今回はシャンプーによる髪質改善方法についてご紹介したいと思います。

 

シャンプーで髪質改善

スキンケアで肌質改善を行えるように、シャンプーでも髪質改善は可能なのです。しかし、それには個々の頭皮環境やタイプにあったシャンプーを選ぶ必要があるのです。

 

ステップ1/どうなりたいか?でシャンプーを選びましょう

今の自分の髪や頭皮の状態を知り、理想の髪の毛を思い浮かべて、どうなりたいかでシャンプーを選びましょう。

 

しかし、自分では判断がつかないし、何を選べばいいのかわからない。そんな場合には、美容師さんやコスメカウンター、あるいはドラッグストアのアドバイサーの方に相談するのが正解。あるいはネット通販でも相談できるサイトもありますのでその活用も一つの方法です。

 

もしかすると、少しコストの高い物を選択する事になるかもしれませんが、専門家のアドバイスを受けた上で、自分にあった物を購入できるというメリットは大きいのです。

 

ステップ2/最低でも1か月

こうして、せっかく選んだシャンプーですが、使い始めの頃には、これまでとの違いに戸惑ったり、想像を超えた変化に戸惑う事もあるのです。しかし、ちょっとの間は我慢して使用してみましょう。肌にターンオーバーがあるように、頭皮にもターンオーバーはあるのです。せめて1サイクル終わるまでは我慢なのです。

 

しかし、違和感やかゆみなど何らかのカラダへの刺激やトラブルかな?と感じる場合には、思い切って使用を中止しましょう。

 

ステップ2/使用1か月目の成果の程は?

1か月使ってみて、仕上がりの質感や状態・コスト・香りなど、満足できる成果がどうかの判断を行いましょう。

 

満足できる、あるいはまだ分からないといった場合には、もう暫くの間使ってみましょう。自分にあった物を選択できていれば、3か月もすれば、その成果を得られるはずなのです。

 

≪ステップ3/使用3か月目の成果は?≫
ここでほぼ結論が出ています。髪質改善が成功しているならば、求める髪質に近づいているはず。もし、その成果を感じない場合には、残念ですが選んだシャンプーがアナタにはあっていないのかもしれません。

 

その場合にはもう一度最初から。これだ!といえるシャンプーに出会えるまでは、諦めずに何度でも挑戦してみましょう。

 

もう一つの可能性/シャンプーの仕方の問題?

シャンプーはあっているけれども、扱い方の問題で効果が出ないという事も考えられるのです。

 

別の物に変える前に、今一度使い方のチェックも必要。扱い方が間違っていれば、効果が出なくても不思議ではありません。

 

使用方法は間違っていないか、シャンプーの仕方は正しいか?と、もう一度見直してみましょう。

 

☆☆☆ 正しいシャンプーの仕方 ☆☆☆

  1. 丁寧にブラッシング
  2. お湯だけでプレシャンプーを行い、しっかりと洗い流します。
  3. ここで初めてシャンプーを使用します。手のひらでしっかりと泡立てたシャンプーを、頭皮中心につけて洗います。その後、しっかりとすすぎます。
  4. トリートメントやヘアマスクで通常のケアを行います。

 

乾かし方も重要なのです

次に大切なのが乾かし方。長い時間濡れたままだと、雑菌の繁殖や頭皮の冷え、ストレスなどを招き、要冷や髪の毛に悪影響を与える事もあるのです。

 

お風呂から上がったら、正しい方法で出来る限り早めに髪を乾かしましょう。

 

☆☆☆ 髪の正しい乾かし方 ☆☆☆

  1. まずはしっかりとタオルドライ。この時、髪の摩擦を避けながら、丁寧に水分を取りましょう。
  2. そしてドライヤーで乾かします。熱から髪を守るミストなどを活用するとダメージが抑えられますのでオススメ。

 

まとめ

シャンプーでの髪質改善。私にもその経験があります。私の場合は1度の使用でその成果が得られたので、それ以来長きにわたって同じシャンプーを使用しています。そのシャンプーは今では私のヘアケアのパートナーです。

 

このシャンプーのおかげで、癖が強く、硬くてダメージを受けている髪の毛が、美髪に見えている様子。シャンプーを変えただけなのに?と、私にとってはマジックそのもの。

 

髪質で悩んでいる人にとっては、自分にあったシャンプーに出会えるというのはそれくらいの驚きや、喜びをもたらす可能性があるのです。

 

正直、時間もコストもかかりますが、頑張って自分にあったシャンプーに出会ってみてください。きっと嬉しい驚きに出会えることと思います。

続きを読む≫ 2017/03/15 17:56:15